内脂サポート

サルコペニア肥満 原因

昨今、メタボがいけないから、腹囲を何々センチ以下にしましょうって、ありますが。

たとえ、それらの数値が、メタボに当てはまらないような正常値の範囲内にあったとしても、

もしかしたら、「サルコペニア肥満」に陥っている可能性が高いんだそうです。


サルコペニア肥満の原因とは・・・

 

そこには、「基礎代謝の減少」っていう問題が、絡んでいるんだそうです。

※基礎代謝とは・・・人間が生きていくための最低限必要なエネルギーのこと。

 

この基礎代謝をアップさせるのに、一番寄与しているのが、「筋肉」なんだそうです。

ところが、この筋肉っていうのは、加齢によって、年々、徐々に減少していってしまうものなんだそうです。

筋肉が、減ってしまうということは、その分だけ「基礎代謝」が、ダウンしてしまうっていうことに。

そのために、痩せにくく、太りやすい体質に変化してしまうものなんだそうです。

そこで、これでは、いけないっていうことで、筋トレをしたり、食事の質を変えたりできればいいのですが・・・

 

なかなか、生活習慣っていうものは、変えにくいものがあります。

そのために、どんどんと「サルコペニア肥満」に近づいていってしまうものなんだそうです。

サルコペニア肥満 チェック

では、サルコペニア肥満かどうかのチェックは、どうすればいいのでしょうか。

実際は、お医者さんとかで、きちんと診断をしてもらえば、いいのですが、

自宅で、ある程度、サルコペニア肥満のチェックできる指標があるっていうことで、掲載しておきます。


1.BMI値

これは、自身の身長に対する体重の割合のこと。

BMI=体重(キロ)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

このBMI値が、25以上なら、とにかく肥満ということに。


例:体重が70キロで、身長が、1メートル70センチなら。

70÷1.7÷1.7=24.22・・・ギリギリセーフ?


2.筋肉率

これは、自身の体重に占める筋肉の割合のこと。

市販の体組成計で、簡単にチェックすることができます。

この筋肉率が、「女性で、22%未満。男性で27%未満」だと、要注意っていうことに。

 

※BMI値が25以上で、筋肉率が男性で27%未満、女性で22%未満なら、「サルコペニア肥満」の可能性が、大きいということに。


※上記以外でも、サルコペニア肥満のチェックは、できるんだそうです。

それは、椅子に座った状態から、

手を胸にクロスにあてがい、

その状態をキープしながら、

片足で、立ち上がることなんだそうです。

これが、できていれば、ある程度の筋肉量は、確保できているっていうことに。


ただし、これで、立ち上がることができないとか、よろけてしまったり、両足をついてしまったら、

筋肉量が減少してしまっている可能性が高いということで「サルコペニア肥満」になっているかもっていうことに。

サルコペニア肥満 筋トレ

サルコペニア肥満にならないためには、筋トレと食事の改善が、大事なんだそうです。

サルコペニア肥満の予防に、最も重視したいのは、足の筋トレなんだそうです。

人間の体の中で、一番大きな筋肉は、下半身にあるっていうのは、良く言われていることです。

さらに、下半身の足の筋肉ほど、「サルコペニア」になってしまう速度が、早いんだそうです。

だから、サルコペニア肥満の予防には、足の筋トレっていうことになるんですね。


サルコペニア肥満を予防する、筋肉量をアップするための「簡単筋トレ」。

大腿四頭筋とふくらはぎの筋肉を鍛えるのが、いいんだそうです。

ということで、「ヒンズースクワット」なんですね。


やり方としては、

・足を肩幅より少し広めに開く。


・そのままの姿勢で腰をゆっくり落とす

(そのときに、膝が、前にでないように注意。

お尻を落としていくようなイメージ。

「でっちり」的な。

つらいなっていうところで、止める。)


・ゆっくりと元の姿勢に戻る


これを、10回。

最初は、できる回数から。

最低、1日、1セットから。

無理は禁物です。


さらに、ウォーキングなどの有酸素運動を加えると、より有効なんだそうです。


※サルコペニア肥満の予防のための、食事の改善としては、たんぱく質の充実が大切なんだそうです。

特に「BCAA」が、とても大事なんだそうです。


BCAAとは・・・バリン、ロイシン、イソロイシンの3つの必須アミノ酸のこと。


このBCAAが、充分に体内に入っていると、筋肉を再生してくれて、さらに蓄えてくれるんだそうです。

食材としては、赤みの魚、赤身の肉、牛乳などに多く含まれているんだそうです。

サルコペニア肥満の予防のためには、意識をして、摂取したいものです

 

※より積極的に摂取するのなら・・・サプリを併用するっていうのも、いいと思います。

あくまでも、普段の充実した食事が基本なのは、当たり前ですが、

どうしても、不足しているかもっていうときには、こういった積極的なアプローチも必要なのではないでしょうか。

 

この際ですから、「サルコペニア肥満」の予防を目指すと同時に、細マッチョを目指してみるっていうのも、いいと思います。

もちろん、腹筋女子とか、ビーナスのえくぼを作るっていうのも、アリですよね。

カラリエ ふとん乾燥機

白髪染め 市販

ハイドロ銀チタン

低温やけど

心筋梗塞

脳梗塞

 

 

たまには、ゆっくりと、温泉に浸かりたいものですね♪

↓↓↓

あぶらや燈千

© 2018 サルコペニア肥満 rss